おすすめEA

Unisonは安定感抜群の円ドル王道EA

Unisonは、円ドルの押し目買い、戻り売りの王道ロジック型でEAです。

作者はnekobooシリーズで知られる「ぶーちゃん」さんでGogoJungleで24,800円で販売されています。

私はこのEAを2020年の6月から使っていますが、非常に安定してストレスのないトレードで利益を積み重ねてくれていて、長期にわたり最も信頼しているEAの一つとなっています。

にもかかわらず、未だ83本しか売れていないようで、似たようなロジックのユーティリティプレイヤーに比べて明らかに「実力の割にあまりに低い」評価となっています。

2021年の春先は少し調子を崩していましたが、夏以降になって調子を上げ最高益を更新、2022年に入ってさらに調子を上げて私のポートフォリオでの稼ぎ頭になっています。

Unison公式ページを見る

Unisonの実運用成績

まずは、2020年6月以来の私の実運用成績をご覧ください。

勝つときは大きく、負ける時でもほぼ最小限ですので、精神的にもストレスなく運用できます。

同じような円ドルのEAとして「ユーティリティプレイヤー」が有名で、実際に両方動かして比較していますが、こちらのUnisonがかなり上回っています。

Unison
年月月間成績累計成績
2020年6月10,02510,025
7月2,31412,339
8月8,96921,308
9月3,46824,776
10月3624,812
11月-10424,708
12月59825,306
2021年1月4,38229,688
2月-3,06526,623
3月5,05031,673
4月-2,10029,573
5月-5,38224,191
6月-65023,541
7月3,81027,351
8月4,57031,921
9月8,70540,626
10月10,46451,090
11月-3,72547,365
12月047,365
2022年1月6,87354,238
2月20,88475,122
3月-49174,631
4月17,33091,961
5月23,075115,036
6月40,676155,712
7月-19,537136,175

UnisonはどのようなEAか

GogoJungleの販売ページから転載します。

取引通貨:USD/JPY
取引スタイル:デイトレード/スキャルピング
取引時間足:5分
推奨業者:「ストップレベル、スプレッド」の狭い業者推奨
運用ルール:イベントリスクは絶対回避

エントリーロジックを二種搭載、各々一つずつポジションを保有し相場判定、エントリー、クローズを独立した形で行います。
極力フィルタリングはせず、シンプルゆえの再現性の高さ、コントロールのしやすさに主眼を置いております。
また、ユーザーによるカスタマイズにて各々のトレードスタイルに合わせた取引ができるよう複数のパラメータ設定が可能となっております。

ロジック1:
相場参加可能時間帯すべてにおいてエントリー機会を持つデイトレードロジック

ロジック2:
日本時間早朝のボラティリティが限定された時間帯でエントリーするスキャルピングロジック

このように「24時間稼働のスキャルピング」と「朝スキャ」の全く別個のプログラムが動きます。名前の「Unison」の由来でしょう。

どちらも1ポジずつですのでリスクも計算しやすいです。

Unison公式ページを見る

使ってみての感想と評価

一番の特徴は「大きく負ける場面は想像できない」ということです。

確かに不調のときもありますが、負けが大きくないので、精神的なダメージにはなりづらいです。非常にストレスの少ないEAかと思われます。

また負けは小さいものの、勝つときは連続して勝ちますので、結果として他のEAよりも成績が上回るという結果になるのかと思います。

Unisonの評価

★★★★★・・・・5段階中5の最高評価とします。

このEAほど安心して使えるEAは知りません。ポートフォリオには絶対に加えるべきEAとして強く推薦します。

Unison公式ページを見る

その他注意すべき事項

このようなスキャルピング系EAに共通して言えることですが、「スプレッドの狭い口座」を使うべきです。

手数料を払うスプレッドの狭い口座と手数料がないスプレッドの広い口座は、費用的には同じに見えますが、実はかなり違います。

エントリーとイクジットのタイミングがスプレッドで微妙に違いため、タッチの差で危ないトレードを避けられたり、または大きいトレードを逃したりすることがあります。

EAの収支は、こういう少数の大きいプラスマイナスにかなり影響されますので、必ずスプレッドの狭い口座を使うべきかと思います。

おすすめは海外口座のTradeviewILC口座、TitanFXブレイド口座やXMゼロ口座などです。

新興の業者でより有利そうなところもありますが、差は僅かなものです。それよりも「出金するまでがFXトレード」ですので、実績のある業者を使うべきかと思います。

また、これらの口座開設に際してはキャッシュバックサイトのTariTaliから口座開設すると、手数料の一部をキャッシュバックしてもらえますので採算性はさらに向上しますので必ず使うようにしましょう。

海外FX口座開設ならTariTali

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!