CFD投資

S&P500のCFDトレードの成績(2019年09月07日現在)

肩上がりの上昇が続く、S&P500 を押し目買い中心でトレードしています。

「アメリカ株は常に上がり続ける」ということを前提の取引ですので「買い」が中心ですが、相場が過熱したり、下げ基調の時は日本株の「売り」でヘッジしています。

トレードについては安全性を重視して、リーマンショック級の暴落に見舞われても生き残れるよう(最大65%の下落に耐えられる)にレバレッジは最大1.5倍程度になるように調整して行っています。

少額の資金でそれが可能なのは取引単位の小さい海外FXのXMを使っているからです。

XMでは、S&P500(US500)のCFDを0.1単位からトレードできます(日本のFX会社は1単位から)。

そして非常に重要なことですが、万一の大きな暴落に見舞われて証拠金を維持できなくなった場合でも、XMでは「0カット」と呼ばれる「入金額以上の請求はされない」というサービスがありますので、「借金を背負う」という恐れもありません。

取引可能な¥3000ボーナス付き、入金不要で始められますし、維持手数料もかかりませんので「とりあえずやってみる」ことをおすすめします。

XMのCFD口座をくわしく見る

トレード成績(2019年09月07日現在)

これまでのトレード成績は下表のとおりです。

これまで実現益は 38,087円 です。

含み損益込みも株価が一時よりも回復してきていますので35,858円まで戻してきました。

口座への入金額は30万円程度ですから、たった2ヶ月のトレードで10%以上の収益を上げている計算です。

売買損益 配当金 実現益計 累計実現益 含み損益 損益計
2019/6/30 11,666 385 12,051 12,051 4,680 16,731
2019/07/13 5,639 143 5,782 17,833 3,629 21,462
2019/07/20 1,329 22 1,351 19,184 2,579 21,763
2019/07/27 0 19 19 19,203 4,647 23,850
2019/08/03 6,767 86 6,853 26,056 -5,933 20,123
2019/08/10 4,999 371 5,370 31,426 -7,278 24,148
2019/08/17 0 504 504 31,930 -12,798 19,132
2019/08/24 210 114 324 32,254 -20,198 12,056
2019/08/31 3,054 261 3,315 35,569 -8,851 26,718
2019/09/07 2,305 213 2,518 38,087 -2,229 35,858
US500

S&P500のCFDトレード手法

S&P500のCFDを「買い」を基調に取引しています。

これまでRSIを使ったりしていましたが、単純に値幅での買い下がりでもほとんど同じことだとわかりましたので、簡単な方でやっています。

基本は買い持ち0.6単位、そこから20Pで0.2ずつ買い下がっていきます。

下から2つ目のポジションに利が乗ったら一番下のポジションを利確して、再度1つ下のポジションを買い指値していきます。

ほとんど1日数回時間があるときにスマホの画面を見るだけですのでほとんど自動売買と変わりません。

バリエーションを付けるため、RSIが25を割ったら追加で買いポジションを作ったり、RSIが75を超えるようならNIKKEI225の売りポジを作ったりします。

このあたりはお好みでトレードしても良いと思います。

肝心なのはポジション全体がなりすぎないことで、株の場合は20%程度の下落は普通にありますのでレバレッジをかけすぎないことが重要です。

私は用心深いので1.5倍程度にしかならないように心がけています。

「アメリカ株は上がる」という前提が正しければ、破綻しなければ必ず利確できますので、適切なポジションサイズはくれぐれも守ってやっていきたいと思います。

海外FXのXMのCFDがおすすめ

取引口座は海外FXのXM社のCFDを使っています。

海外口座の良いところはまずはレバレッジの高さと証拠金維持率の低さです。

XMはレバレッジが100倍まで掛けられますので、国内FXのCFDのように、少し含み損を抱えるとすぐに証拠金不足になるというようなことはありません。

証拠金不足⇒強制ロスカットは100%トレーダーの負けとなりますので絶対に避けなければなりません。

またXMではUS500(S&P500)のCFDを0.1単位からトレード可能です。

通常のFX会社の1/10の大きさで取引できますので、小回りの利いた売買ができますし、細かくポジションを設定できますのでとても便利です。

また万一の場合でも「0カット」と呼ばれる「入金額以上の請求はされない」というサービスがあります。朝起きたら「借金を背負っていた」などという恐れもありませんので、思い切ったトレードが可能です。(CFDだけでなくFXにもこのサービスが適用されますので、これだけでも海外FXの利用価値はあると思います。)

口座開設時には取引可能な¥3000ボーナス付きですので、入金不要で始められます。

さらに500ドル相当額の入金までには100%、5,000ドルまで20%の入金ボーナスがつきます。

口座維持手数料などの経費も一切かかりませんので、国内CFDやFXを使っている方も、無料分だけでもXMのCFDやFXを使ってみることをおすすめします。

XMのCFD口座をくわしく見る