FX自動売買成績

FX自動売買成績(2022年6月)

4月5月と毎週プラスを計上しており非常に調子のよい状態が続いています。

ちょっと出来すぎの感はありますが、今月も少なくとも月間プラスは維持できればと思います。

ネットを見ていると、どうも今週は口座を破綻させた方が多かったようです。口座破綻するのはロットが大きすぎるのが原因であることがほとんどです。というかロットが大きすぎると100%破綻しますので、負けるのは当然で考え方を改めた方が良いと思います。(「ケリー基準」で検索してみてください)

EA別利益ランキング(2021年6月5週目)

順位EA名6月1週6月2週6月3週6月4週6月5週累計
1Unison10786-51121061,305
2ユーティリティ・プレイヤー127-88851181241,021
3RECOBA GBPJPY24062-120-13535
4オセアニアブラザーズ017371927445
5Panda-C_PRO3564833-88439
6東京神話-87634843314
7ラスト侍-661730-1299
8Beatrice NK01-49137369-51294
9英神楽000229-55174
10BeeOne52-149-81569158
11Tender3634181417144
12Pips_miner_EA-721-58123123
13KUNAI_GBPUSD0000062
14スマートベア0040-11060
15AMA2231152
16ノストラダムスの小予言00912G35
17二刀流乱れうち7342224
18Bee_30-54-18414621
19ChallangeScalMorning-175143-72
合計243-22915971935,507

TariTaliキャッシュバック額

TariTali101013911353

TariTaliへは、現在ほかのキャッシュバックサイトを利用していても乗り換えは可能です。詳しくは以下のページ「TariTaliへのキャッシュバック乗り換えは可能です」をご覧ください。

Unison、ユーティリティPが2週続けての大勝【6月第5週】

Unisonユーティリティ・プレイヤーの両エースが今週も大きくプラスで全体的にも好調な週となりました。

1万円プラスごとに0.01づつロットを上げる「手動複利」でやっていますので、ここまで稼ぐとポジションが大きくなり、他のEAとの差がどんどん開いていきます。

逆にほかのEAがもたつき気味ですので、しばらくは両エース頼みの展開となりそうです。

オセアニアブラザーズがじりじりと順位を上げてきました。このEAは利益が乗ったポジションを利確していきますので、含み損が同額程度あり、実はここで清算するとマイナスになってしまいます。

とは言え、今年の資源高でオーストラリアドルがかなり上げた水準でも大きくマイナスになっていないのですからこの、EAの安定性が逆に証明されたように思えます。

ホームページ“>XMではキャンペーンで100%ボーナス実施中ですので、始めてみようとという方は良い時期かと思います。

XMではTariTaliなどのキャッシュバックサイトを経由するとボーナスがもらえません。詳しくは以下のページ「TariTaliキャッシュバックとXMボーナスの関係」に詳しく記載していますので参考にしてください。

絶好調で週単位の過去最高収益【6月第4週】

今週は週単位での過去最高益となる+59,700円と非常にうれしい週となりました。

先週新規投入しプラスで持ち越していた英神楽が2万円を超えるプラスで今週の稼ぎ頭です。

GBPJPYのトレンドフォロー型で勝つときはこのように大きく勝つので、それが投入直後というのはラッキーでした。

この方のEAでは「英俊」の方が売れているようですが、「英神楽」の方が安いですし、何度もバージョンアップするばど作者さんのも力を入れているようですので、こちらを選択しました。

ポートフォリオはどうしてもスキャ系に偏りがちになりますので、このようなトレンドフォロー系を一つは入れておくとよいかと思います。

Unisonユーティリティ・プレイヤーの両エースも1万円を超えるプラスで頼もしい限りです。

年間を通じて、ここまで「強い」と、もはや「聖杯?」との声も上がりだしそうです。すでにPanda-C_PROは5万円から7万円への値上げアナウンスがありましたが、こちらも値上げがあっても驚かないレベルの好調さといえるでしょう。

まれに見る荒れ相場の中、何とかプラスで終わる【6月第3週】

激しい円安の波の中でEAごとに大きく明暗が分かれました。

ユーティリティ・プレイヤーは、値が非常に大きく動いたときのみエントリーする特性を生かしヒットアンドアウェイのような形でプラスを重ねてくれました。このところのもたつきでUnisonにかなり水をあけられましたが、ここから巻き返しを期待しています。

Beatrice NK01は9時25分から55分までの間に買いで入るトレードが主ですので、この円安トレンドは得意とするところです。しばらくは円安傾向は続きそうですのでしっかりと稼いでくれるかと思われます。

新規投入の英神楽が200PIPSの含み益で持ち越しています。いきなりのビックトレードでうれしい限りです。やはりPFが1.5を超えているEAは違うと実感しています。同作者さんの「英俊」が人気のようですが、こちらの方がフォワードが長いですし、価格も4,000円安いのでお買い得かと思います。

このところ当サイトからTariTaliへ加入される方が増えています。セールストークではなくTariTaliに加入して海外口座を開設するのは純粋にお得ですので、未だ入っていないという方は損していると思います。IBの乗り換えも一部を除き可能ですので是非どうぞ。

急激な円安に巻き込まれ2か月ぶりのマイナス【6月第2週】

水曜日の急激な円安に巻き込まれ、ユーティリティとBee軍団が大きくマイナスを計上し、2か月ぶりの週次マイナスとなってさいまいました。

その中でエースのUnisonが貫録を見せて今週の稼ぎ頭です。ユーティリティーと似たタイミングでエントリーしますが、微妙に違うところがあり、昨年中は2番手に甘んじていましたが、ここへきて一気に突き放しています。ロジック自体は王道の押し目買い戻り売りですが、ここまで完成されたEAはなかなかないかと思います。

Panda-C_PROも荒れ相場の中でも全く乱れずに淡々と勝ちを重ねています。ここまで勝率が高いともう少しロットを上げたい衝動にかられます。累計プラスが50,000円を超えたら少し上げようかと思っています。なおこのEA、もう少ししたら値上げするみたいですので購入予定の方はお早めに。

Tenderは導入以来コツコツ稼いでくれてポートフォリオ的に非常に助かっています。円ドルの買いのみのEAですので、この円安トレンドでは最強と思われます。なおここまで見る限り、ナンピンに入り方も非常に合理的ですので、レンジ相場はもとより、仮に円高トレンドとなっても致命傷を負うことなく切り抜けられるEAではないかと考えています。あまり売れているEAではないですがおススメです。

両エースの活躍で6月も順調な滑り出し【6月第1週】

Unisonユーティリティ・プレイヤーの両エースが10,000円を超えるプラスで、6月も順調な滑り出しです。

特に火曜日から木曜日にかけて共に日に2~3回エントリーして勝ちまくり大いに稼いでくれました。

円ドルの押し目買い、戻り売りの王道ロジックで、長期にわたって安定した成績を残しており、非常に信頼できるEAかと思います。

BeeOneも昨年秋からほぼ大きな負けなしで快進撃を続けています。

3ポジですのであまり大きくロットは張れませんが、コツコツとしっかり稼いでくれます。

Panda-C_PROはエントリーは少ないですが、ほぼ完ぺきに勝ってくれますので、非常に頼もしいです。これだけの精度があればもう少しロットを張りたいところですがどうしようか考え中です。

Tenderは円ドルの買いのみのEAですので、今週は円安の流れに乗って活躍してくれました。反対にオセアニアブラザーズAMAは少し含み損が膨らんでしまいました。

すべて証拠金に余裕をかなり持たせていますので破綻することはないかと思います。

TariTaliキャッシュバックは1,000円ほどでした。トレードサイズがあまり大きくはないので大したことはありませんが、毎週積みあがると大きな額になりますので、海外口座を使っていて利用していない方はすぐに入った方が良いと思います。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!