海外FX

海外FXの方が実は安全性が高い

東京駅ライトアップ

FXというと少額の資金で大きな取引ができるということで、「リスクが心配」という方が多いと思います。

ましてやFX取引に、さらによくわからないし、日本の行政機関の配下にない海外FX業者を使うことは、何しろ「胡散臭い」ですので、最初から受け付けないという方は多いと思います。

私もかつてはそうでしたが、いろいろ調べて実際に使ってみた結果、実は「FXをするならば海外業者の方がむしろ安全」という結論に至り、今では日本のFX口座は全て解約して、海外FX一本で取引を行っています。

海外FX業者は追証がないのが普通

FX取引で一番恐ろしいのは、急な相場変動に見舞われたり、相場が開いていないときに値幅が大きく動き、大きな損失を出してしまい、さらに手持ちの証拠金の範囲では賄えずに、FX業者から追加の証拠金である「追証」を求められることです。

取引で大きな損を出した上に、さらにお金を入れなければならないわけで、非常に苦痛です。苦痛なだけならまだしも、お金を払えずに「借金」「破産」ということになりかねません。

過去には有名な「スイスフランショック」を始めとした急な相場変動は数多くあり、小さな個人投資家が破綻する程度の金融ショックならばそれこそ年に1~2回は起きています。

そんな中で大きなレバレッジをかけてポジションを持つことはとても危険なわけで、それこそ「朝起きたら破産していた」ということは十分にありうることです。

その点、私が使っている海外FX業者のXMでは「追証」はありません。

「0カット」と言って、証拠金はなくなってしまマスがそれ以上のマイナス残高は自動的に0にリセットされます。

私もそうなったことがありますが、本当に「何事もなかったかのように」リセットされ、その口座も普通に使えるようになります。もちろん業者から何か言ってくることもありません。

海外FXのハイレバはむしろ安全

海外FXと言えば「ハイレバ」=「危険」というイメージが一般的です。

しかし先ほどの「0カット」とセットで考えると話は180度変わってきます。

普通「ハイレバ」というと手持ち資金を最大限使って取引しようという場合に使われます。そうなると相場が反対方向に動いたときにすぐにロスカットされて簡単に負けてしまいますし、ひどい場合になると、先ほどのマイナス残高、日本のFX業者なら「追証」ということとなります。

ところが「0カット」があると、例えハイレバをかけて取引しても証拠金がなくなるだけですから「追証」を食らう恐れはありません。

それよりもおススメなのは、ハイレバを利用して、取引する規模を決めてから入金額を決めるというやり方です。

例えば1000万円(10万ドル)規模の取引を日本のように25倍のレバレッジですと、最低でも40万円の証拠金が必要です。しかも相場の急変で損失を食らえばそれ以上の資金の供出を求められてしまいます。

ところが私が使っているXMという海外FX業者では、最大888倍までレバレッジをかけられますから12,000円程度あれば取引ができます。しかも相場が急変してそれ以上損しても証拠金の12,000円を諦めればそれで終わりです。

これがわかってから私は海外のFX業者しか使えないようになりました。

おすすめは私も使っているXM

とは言え、海外FX業者の中でも玉石混合で、なかには本当に危ない業者もあります。

私がおすすめするのは、最大手の一つで日本語へのサポートもしっかりしているXMです。他にも良い業者さんはありますが、初めはここで海外FXというものに慣れてから移ればよいと思います。

XMホームページを見る

XMの口座は3種類

XMには「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ZARO口座」の3種類の口座があります。

「スタンダード口座」は日本のFX業者の普通の口座です。1lot=100,000単位で、取引は0.01=1,000単位から取引できます。普通の裁量取引を行う場合はこれを使うことになります。

「マイクロ口座」は単位が1/100の口座で、1lot=1,000単位で、取引は0.01=10単位から取引ができます。少額の資金で楽しみたい方やナンピン系の取引などで細かくポジションを取りたい方におすすめです。

「ZERO口座」は少々特殊な口座で、スプレッドが極小で最小で0の時もありますが、取引ごとに手数料がかかる口座です。スプレッドで大きく勝ち負けが変わるスキャルピング系のシステムトレードをする場合に使います。

多彩なボーナスが魅力

XMでは口座開設、入金、取引ごとにボーナスがもらえるのも魅力です。

このボーナスは現金として出金はできませんが取引の証拠金として使うことができます。

まず口座開設すると3,000円のボーナス、入金すると500ドルまでは100%、以降5,000ドルまで20%のボーナスがもらえます。

また取引ボーナスは最大で100,000通貨単位の取引で約600円分がもらえます。

この各種ボーナスを使って、その分の現金を減らしていけば、万一口座破綻した場合でも被害を抑えることができます。

「0カット」「ハイレバ」と併せて、この「ボーナスの活用」により、本当の意味での安全性を得ることができます。

また、このような取引の安全性以外にも、XMは約定力が抜群で、雇用統計の発表などで相場が急に動いても日本の業者ほどスプレッドが広がらずに約定してくれます。

また取り扱いの通貨、CFD等も多彩で、同じプラットフォームで簡単に取引できて便利です。

⇒ 暴落後のリバウンドを取るなら海外FXのXMのCFDがおすすめ

詳しくはXMの公式ページをご覧ください。

XMホームページを見る

FXをするならばXMで

もちろんXMは海外業者ですのでデメリットもあります。

①税金が分離課税にならないので、税率が高い場合がある。

②年をまたいだ損益通算ができない。

③入出金はクレジットカードが中心。元本はクレジットカードで戻せるので問題ありませんが、利益は海外からの銀行振り込みとなるので手数料がかかる。

などが挙げられます。

しかし、どれも「儲かったら」という場合だけのデメリットですが、日本のFXを使っての破綻リスクや低レバによる多額の証拠金拘束を考えると圧倒的にXMの方に軍配が上がるのではと思います。

先ほどの口座開設ボーナス3,000円だけで取引可能ですので、是非とも試しにXMを使ってみてほしいと思います。きっと違いがわかっていただけると思います。

XMホームページを見る